当ブログ使用テーマ「SWELL」を見てみる

【オーディオブック】無料で聴けるおすすめアプリ5選【選び方・始め方】

悩んでいる人

「聴く読書」が流行っているけど、どれでもいいのかな?
おすすめのオーディオブックを教えて下さい

こんな疑問を解決します。

本記事の内容

・オーディオブックとは
・オーディオブックの選び方
・おすすめオーディオブック5選
・オーディオブックの無料体験のやり方
・よくある疑問

「聴く読書」と言われるオーディオブックはスマホアプリでどこでも本の要約が楽しめるサービスです。

特に、

・通勤中の会社員
・家事で忙しい主婦(夫)
・活字が苦手な人

におすすめです。

「身体は忙しいんだけど耳が空いている。有効活用したいな!」
「勉強したいけど文字だと眠くなってしまう。ラジオ感覚でインプットしたい!」

上記のように思っているならオーディオブックを試してみる価値アリです。

無料体験もあります。ものは試しで1冊聴いてみましょう!

\読みたかったあの本が無料/

期間内に解約すれば料金は一切かかりません

目次

オーディオブックとは

オーディオブックは本の朗読サービスです

ビジネス書や小説など様々なジャンルの本をプロのナレーターが読み上げてくれます。

なお

芸能人や声優が朗読している本もあります。
声が聴きたい」ファンの人にも!

スマホアプリで聴けるのでBluetoothなら全く邪魔になりませんね。

なので、以下の状況でも「ながら聴き」ができちゃいます。

・通勤しながら
・家事をしながら
・ご飯を食べながら
・ウォーキングしながら

特に、身体は忙しいけど思考する必要のない行動にピッタリです。

本が好きな人もこれから読書を始めたい人も生活の中に本を取り入れてみましょう!

オーディオブックと相性が良い人は?

新しい読書の形であるオーディオブックはどんな人に向いているのでしょうか?

僕が実際に使って感じたことからオーディオブックとの相性を分けてみました。

  • 向いている人

オーディオブックが向いている人はこちら

相性◯

・活字が苦手
・モノを増やしたくない
・少しでも時間を無駄にしたくない
・コスパよくたくさんの本を読みたい

社会人の平均勉強時間は1日6分です。
例えば、通勤の往復2時間を勉強に使えたら圧倒的上位ですね。

なお

電車の中で寝る?いやいやインプットでしょ!

アプリが本棚代わりなので物が増えないし、外出時の荷物にもなりません。

また、音声のほうが記憶に残りやすい人にも相性抜群です。

  • 向いていない人

続いて向いていない人はこちら

相性✕

・本だけに集中したい
・読みながらメモを取りたい
・まとまった読書の時間が取れる

・ナレーターの声質や喋り方に違和感を感じる

ナレーターはプロですが人間なので生理的な相性もあります。
小説を聴いてて「この声じゃないんだよな〜…」と感じることもあります。

また、「ながら読書」のデメリットには「ついで感」があります。

メモが取りにくい環境だったり、手作業や視界に集中すると耳への意識は薄れます。
「あれ?聞き逃しちゃった」となりまた再生するでしょう。

しっかり本の内容に集中したい人には合わないかもです。

なお

外を歩いてたり、刃物を使ってると本に集中するのは危険だね

オーディオブックの選び方

オーディオブックというと「Audible」や「audiobook.jp 」が有名ですが、さまざまなサービスが出ています。

なお

子供向けやビジネス書要約などの特化型もあるよ!

あなたにピッタリ合うオーディオブックを見つけるために比較すべきポイントを解説します。

以下をチェックです!

  • 月額料金に見合うコスパか

オーディオブックの月額料金は500~1500円ほど。

サービスや値段によって充実度が変わりますが、安ければ安いほど良いわけでもないです。

サービス全体を検討して「この金額なら満足だな」と思えるものを選びましょう。

なお

例えば、量を重視するから1500円払ってでも
種類の多いAudibleにするとかですね

  • 得意ジャンルと自分の好みが合っているか

サービスごとに得意ジャンルが異なります。

Audibleはタイトル数と洋書に強いし、flierはビジネス書の要約がメインなので要点だけサクッとインプットできます。

あなたが好きなジャンルに強いオーディオブックのほうが本を選ぶ楽しさが増しますよ!

  • 便利な機能がついてるか

快適な読書ライフを送るためには様々な機能があります。

速度調整→たくさん聴けるようになる!
バックグラウンド再生→スマホで他の作業もOK!
ストリーミング再生→ストレージを気にしなくて済む!
ダウンロード→ネット環境がなくても聴ける!

比較してみると良いですよ!

  • 無料体験期間があるか

聴いて読書するなんて初めての人がほとんどでしょう。

本当に自分に合っているのか不安になります。
(お金を払った後になんか思ってたのと違う…となったらもったいないですよね)

なので、一度無料体験をするのがおすすめです。

初めてオーディオブックを試すなら「Audible」がおすすめ。

Amazonアカウントがあれば5分で登録できるし、40万冊ラインナップを30日間無料で試せます。

まずは1冊試してみましょう!

なお

ちょうど読みたかった本が聴ける人はラッキーだね

オーディオブックのおすすめ5選

僕が選んだおすすめオーディオブックはこちら

1位:Audible
2位:audiobook.jp
3位:Kikubon
4位:flier
5位:みいみ

1つずつ紹介します。

1位:Audible

Audible公式サイト

1位はAudibleです。

Audibleの特徴はこちら

項目内容
対象OSiOS,Android
プラン/料金聴き放題/1,500円 、買い切り
タイトル数40万冊、聴き放題は12万冊
得意ジャンルビズネス書・小説・洋書
速度調整0.5~3.5倍
バックグラウンド再生
ストリーミング再生
ダウンロード
無料体験30日(2ヶ月無料になるキャンペーンあり)

AudibleはAmazonが提供するサービスです。

オーディオブックの中ではちょっと料金が高めですが、それでも月1冊聴けば元が取れます。

業界最多のタイトル数で「読みたい本が見つからない」という悩みはなさそうですね(笑)!

オールマイティに優れているので初めてのオーディオブックにピッタリです。

割と頻繁に無料体験期間を延長するキャンペーンをやっているのでお得に使えるかも!

期間内に解約すれば料金は一切かかりません

2位:audiobook.jp

audiobook.jp公式サイト

2位はaudiobook.jp です。

audiobook.jpの特徴はこちら

項目内容
対象OSiOS,Android
月額料金プラン聴き放題/880円(年割だと625円)、買い切り
タイトル数2万
得意ジャンルビジネス・自己啓発
速度調整0.5~4倍
バックグラウンド再生
ストリーミング再生
ダウンロード
無料体験14日

audiobook.jp は株式会社オトバンクが運営するサービスです。

Audibleに比べるとラインナップは劣りますが、その分月額料金は半分で済みます。

買い切り料金もAudibleより安いので、聴き放題+単品で買い切りというハイブリッドな使い方もできます。

なお

14日試してみて聴けたのが2冊ほどならaudiobook.jpでも十分ですよ!

期間内に解約すれば料金は一切かかりません

3位:Kikubon

Kikubon公式サイト

3位はKikubonです。

Kikubonの特徴はこちら

項目内容
対象OSiOS,Android
月額料金プラン500円〜
タイトル数600冊
得意ジャンル小説
速度調整0.8~2倍
バックグラウンド再生
ストリーミング再生
ダウンロード
無料体験無料会員登録

Kikubonは小説に特化したオーディオブックです。

SF・ミステリ・ファンタジー・歴史・恋愛さまざまなジャンルが揃っています。

無料体験の期間はなく、無料会員登録すれば著作権の切れた作品ならどれでもいつまででも聴けます。

なお

古典や純文学が好きなら登録しておこう!

期間内に解約すれば料金は一切かかりません

4位:flier

4位はflierです。

flierの特徴はこちら

項目内容
対象OSiOS,Android
月額料金プラン無料/550円/2,200円
タイトル数2700冊~
得意ジャンルビジネス・社会
速度調整1~2倍
バックグラウンド再生
ダウンロード
無料体験7日

flierはビジネス書を10分に要約してものが聴けるサービスです。

ちょっとした時間に1冊聴けちゃうし、要点だけ搾ってインプット出来るので効率的です。

もともと無料コースがあり固定20冊が聴けます。

無料体験は2,200円のすべて聴き放題コースなのでたくさん聴いちゃいましょう!

なお

他サービスより短いけど1冊10分なのでパフォーマンスは高いです!

期間内に解約すれば料金は一切かかりません

5位:みいみ

みいみ公式サイト

5位はみいみです。

みいみの特徴はこちら

項目内容
対象OSiOS,Android
月額料金プラン500円
タイトル数60冊
得意ジャンル児童書
速度調整
バックグラウンド再生
ダウンロード
無料体験30日

みいみは児童向けのオーディオブックです。

魅力的なのは自分の声を吹き込めること。

子供のお気に入りの本に親の声を入れられるので世界で一冊の家族だけの本ができますよ!

また、英語絵本もあるので幼少期から楽しく英語に慣れることことができます。

なお

教育向けだね!

期間内に解約すれば料金は一切かかりません

オーディオブックの始め方(例:Audible)

「オーディオブックってどうやって始めるの?なんか難しいことやる?」と思う方に向けて、
Audibleを例に始め方を解説します。

以下の流れになります。

Audible無料体験は次の3ステップで出来ますよ!

①Audibleに登録する
②Audibleアプリを端末にインストールする
③書籍を選んで再生する

1つずつ解説していきます。

①Audibleに登録する

まずはAudibleに登録するために、AmazonのAudible公式サイトにいきます。
>>Audible無料体験はこちら

Amazon公式サイト

赤枠の「無料体験を試す」をクリックします。

なお

Audibleは頻繁にキャンペーンをやってます。
写真だと2ヶ月無料キャンペーン開催中です!

公式サイトに行けたのでもう一度「無料体験を試す」をクリックします。

Amazonアカウントでサインインします。
まだアカウントを持ってない方は画像下の「Amazonアカウントを作成」から作りましょう。

Audibleは無料体験出来ますが、自動請求なので登録時にカード情報を入力する必要があります。
使うカードを選択したら画面下の「無料体験を試す」をクリックします。

なお

無料期間内に解約すれば料金は一切かかりません。解約方法も本記事の後半に書いてあるので安心してください。

画像の様なお申し込みありがとうございますと出れば登録完了です。

時期によりレイアウトが変わることもありますが、上記のような文脈が出ればOKです。

②Audibleアプリを端末にインストールする

会員登録が出来たので音声を聴くための端末でインストールします。

ここからはiphoneでの操作を例に解説します。

アプリが起動したら「サインイン」をクリックします。

③書籍を選んで再生する

無事入れました。
ひろゆきさんの1%の努力を聴いてみましょう。

再生」をクリックします。

再生画面はこんな感じです。

これで本が聴けるようになりました!

\読みたかったあの本が無料/

期間内に解約すれば料金は一切かかりません

オーディオブックのよくある疑問

最後に、オーディオブックを初めて使う人が感じる疑問にお答えします。

無料体験はできますか?

はい、以下のサービスは無料体験実施中です

Audible→30日
audiobook.jp →14日
Kikubon→無料会員登録
flier→7日
みいみ→30日

無料体験は本当に無料?

期間内に解約すれば無料です。
ただ、サービスによっては1日でも解約を忘れると自動更新で料金が発生するので気をつけてください。

解約したら聴けなくなるの?

購入方法によって異なります。

・聴き放題でダウンロードした本→聴けなくなります。
・購入した本→解約後も聴けます

使っていて不満に感じたことを正直に教えてほしい

個人的には以下のことが気になりました。

・図がみれない
・ナレーターの声質や話し方が合わないこともある
・「ながら読書」なので本から意識が離れやすい

やっぱり「聴く」ことに向き不向きがあるので、まずは無料体験で試してみてください。
良かったら継続、合わなかったら解約で良いですよ。

まとめ:1度使えば便利さがわかる【超効率インプット】

今回はおすすめのオーディオブックサービスを5つご紹介しました。

1位:Audible
2位:audiobook.jp
3位:Kikubon
4位:flier
5位:みいみ

オーディオブックは「ながら読書」で時間を無駄にせず、倍速設定もできるので効率的に読書ができます。

スキマ時間にインプットしたい人はもちろん、読書は紙派の人もぜひお試しください。

1度使ってみれば便利さが実感出来るはずです。

なお

僕も感じました!

各サービス無料体験をやっているので、あなたが損することはないですよ。

先ずは1冊聴いてみてください。

今回は以上です。

\読みたかったあの本が無料/

期間内に解約すれば料金は一切かかりません

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる