当ブログ使用テーマ「SWELL」を見てみる

【辛口レビュー】Audibleを使って感じたメリット・デメリット

悩んでいる人

Audibleを試してみたいんだけど本当に良いのかな?
実際に使った人の声が聞きたい!

こんな疑問を解決します。

本記事の内容

・Audibleのメリット・デメリット
・AudibleへのSNSの口コミ
・Audible無料体験の始め方

Audibleは本の音声読み上げサービスです。

聴く読書なので日常生活の様々な場面で「ながら聴き」が出来るようになります。

今回は普段読書は紙派の僕もAudibleが気になって試してみたので、実際に感じたメリット・デメリットをご紹介します。

また、Audibleは30日の無料体験が出来ます。
期間内に解約すれば料金は一切かからないので気軽に試してみると良いですよ!

キャンペーン中では無料期間が2ヶ月になることもあります

本記事を読めばAudibleのリアルなメリット・デメリットがわかりますよ!

\読みたかったあの本が無料/

期間内に解約すれば料金は一切かかりません

目次

Audibleとは

Audible公式サイト

AudibleとはAmazonが提供している本の朗読サービスです。

小説・ビジネス・自己啓発など様々なジャンルの本が12万冊以上あり聴き放題です。

通常は月額1,500円かかりますが、新規ユーザーは30日無料体験ができます。

なお

頻繁にキャンペーンをやっていて2ヶ月無料の時もありますよ!

日常生活でも手や足は忙しくても耳は暇なことってありますよね?

そんなときに気軽に効率的に読書が出来るサービスですよ!

Amazonアカウントがあれば3分で登録できて手順も簡単です。

  • 無料体験では何ができるの?

無料体験でも有料会員と同じサービスが利用できますよ!

例えばこちら

・12万冊以上のコンテンツが聴き放題
・ポッドキャストも聴き放題

タイトルを30%オフで購入できる
・オフライン再生が出来る

Audibleのタイトルは通常3000~5000円はかかるので会員になったほうが圧倒的にお得です。

音声スピードも最大3.5倍まで可能なのでビジネス書なら1冊1~2時間で聴けてしまいます。

なお

かなりコスパが良いね!

無料体験だけど有料会員と変わらない機能が使えるので、無料体験後もお金を払うかどうかしっかり吟味できます!

\読みたかったあの本が無料/

期間内に解約すれば料金は一切かかりません

Audibleのメリット

僕が感じたAudibleのメリットはこちら

・忙しい人でも「ながら聴き」が出来る
・活字が苦手でもOK
・40万冊以上のラインナップで話題書の聴ける

1つずつ解説します。

忙しい人でも「ながら聴き」が出来る

忙しい社会人、家事に追われる主婦、移動が多い人などでも耳が空いていることって結構ありますよね?

Audibleはそんなときでも時間を無駄にせず本が「ながら聴き」出来るサービスです。

例えばこちら

・通勤しながら
・運動しながら
・皿洗いしながら
・お風呂に入りながら

上記のように、わざわざ本を読むための身体と時間を作らなくても読書ができます。

少しでもインプットを増やしたい人や読書好きだけど時間が取れない人にAudibleはおすすめです。

活字が苦手でもOK

「勉強しなきゃ…」とは思っていても活字が苦手だと本を読むのが面倒になりますよね。

そんな人でもAudibleなら勉強ができます。

・ラジオ感覚で聴ける
・授業を受けている感覚
・音声のほうが記憶に残りやすい人にピッタリ
・目を休めながらインプット出来る

受け身学習になって眠くならないかな?という不安があるかもですが、音声は3,5倍速まで調節可能。

速度をあげればしっかり聴こうと思えるので集中力も増しますよ!

40万冊以上のラインナップで話題書も聴ける

Audibleは40万冊以上のナインナップがあり、本屋大賞作品などの今話題になっている本も聴けます!

なお

本屋で買おうとしたあの本が無料体験で聴けちゃいます!

これだけ本があれば「読みたい本がない」なんてことにはならないですね。

Audibleのデメリット

僕が実際に使ってみて感じたデメリットはこちら

音声読書が合わない人もいる
・月1,500円は少し高い。1,000円なら…
・「ながら聴き」には危険もある

1つずつ解説します。

音声読書が合わない人もいる

本が聴けるのは素晴らしいですが、合わない人もいるなと感じました。

例えばこちら

・メモが取りにくい
・本の図やイラストを見るのが面倒
・ナレーターの声が思ってたのと違う

僕が一番不便に感じたのはメモが取りにくいことです。

Audibleを使っているときは大抵身体は忙しい。

そこでメモしたいことがあったらその都度スマホを止めてメモ機能を開きます。

「う〜ん、これなら読書のための時間を作って集中したほうが良いのでは?」と思いました。

なお

小説は全然OK!

個人差が有ると思うので一度無料体験で試して見るのが良いですね。

月1,500円は少し高い。1,000円なら…

個人的にAudibleの月額1,500円は少し高いと思います。

同じAmazonから出てる読書読み放題のKindle Unlimitedが1,000円なので、Audibleも1,000円ならな〜と思うのが本音。

とは言え、一般的なビジネス書は1冊1,500ほどなので月1冊聞ければ元が取れますよ。

「ながら聴き」には危険もある

五感の1つである耳が埋まってしまうので、周囲の状況判断ができなくなります。

例えば、道端を歩いていて急に「危ない!」と叫ばれても気づけないかも…

あとは大事なアナウンスを聞き逃すこともありそうですね。

Audibleそのもののデメリットというわけではないですが、外出時は気をつけましょう。

Audibleの口コミ

先程は僕の主観的なメリット・デメリットだったので他の人の口コミをご紹介します。

なお

Twitterでリサーチです!

Audibleの良い口コミ

良い口コミをまとめるとこちらになります。

・1500円でビジネス書小説等が聴き放題なのはコスパが良い
・いろんな「ながら聴き」ができる
・好きな芸能人の声で聴ける

Audibleの悪い口コミ

悪い口コミをまとめるとこちらになります。

・Audibleに合わないライフスタイルの人もいる
・聴きたい本でもナレーターの声が受け入れられない事がある
・図がないと分かりづらい
・欲しい情報に早くたどり付けない

Audible無料体験の始め方

Audibleの無料体験は以下の3ステップでできますよ。

①Audibleに登録する
②Audibleアプリを端末にインストールする
③書籍を選んで再生する

Audible登録にはAmazonアカウントが必要です。

アカウントがあれば3分ほどで登録完了できます。

詳しい、手順はこちらの記事をどうぞ!

\読みたかったあの本が無料/

期間内に解約すれば料金は一切かかりません

まとめ:効かず嫌いは良くない、無料で試してみよう!

今回は僕が実際にAudibleを使ってみて感じたメリット・デメリットをご紹介しました。

要点をまとめるとこちら

メリット

・忙しい人でも「ながら聴き」が出来る
・活字が苦手でもOK
・40万冊以上のラインナップで話題書の聴ける

デメリット

・音声読書が合わない人もいる
・月1,500円は少し高い。1,000円なら…
・「ながら聴き」には危険もある

Audibleの最大の魅力は「ながら聴き」ができることです。

忙しい社会人や読書は紙派の人も1度試してみると良いですよ!

なお

僕は紙派ですがこれは便利だ、とビックリです!

せっかく無料体験出来るんですからね!

期間中に解約すれば料金は一切かからないので、体験としてまずは1冊読んでみることをおすすめします!

\読みたかったあの本が無料/

期間内に解約すれば料金は一切かかりません

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる