プログラマカレッジの中間カウンセリングを受けたので語ります。

悩んでいる人

・プログラマカレッジの中間カウンセリングってどんな感じなの?
・ついでに、その後の流れも知りたいな。

以上の悩みを解決できる記事を書きました。

本記事の内容

・プログラマカレッジの中間カウンセリングについて
・中間カウンセリングの内容
・中間カウンセリング後の流れ

こんにちは、なお(@nao0605vn)です。

現在(2021年5月)、僕は未経験からエンジニアになるべくプログラマカレッジで勉強中です。

カウンセリングを終えコツコツとカリキュラムを進めています。

さて、プログラマカレッジでは中間カウンセリングを行っています。

ここで、

「カウンセリングってどんな感じ?」
「プログラミングのスクールって普通のカウンセリングと何か違うのかな?」

と思うと思います。

特に、プログラマカレッジに入ったばかりの方にはどんなことをやるのか気になると思います。

そこで今回はプログラマカレッジの中間カウンセリングについての記事を書きました。

本記事を読んでもらえれば、中間カウンセリングについての様子が分かります。

では、本文へどうぞ!

▼プログラマカレッジについて知りたい方はこちらのまとめ記事をどうぞ
>>【受講者の感想】プログラマカレッジの評判は?魅力を3つ紹介

目次

プログラマカレッジの中間カウンセリングとは

いつやるの?

受講開始から1ヵ月程経過、もしくは極端に進みが早い場合です。

Chatworkで担当アドバイザーから連絡が来ます。

この初回連絡時に面談の日程を決めます。

連絡に気づかないと日程が決められず、迷惑をかけてしまうので1日1回は確認するようにしましょう。

なお

因みに僕は1ヵ月後に来ました!

持ち物は?

履歴書と職務経歴書(場合による)が必要です。

プログラマカレッジは現在完全オンライン化しており、講師やキャリアアドバイザーとの連絡はChatworkを使用します。

キャリアアドバイザーからChatwork内で履歴書と職務経歴書のフォーマットが送られてくるので、
面談当日までに記入しておきます。

なお、プログラマカレッジはフリーターやニートの方にも人気ですが、
その様な人にとって職務経歴書が不安になると思います。

ですが、中間カウンセリング時には職務経歴書は書かなくてもOKです。

ただ、就活時に必要になると思うのでアドバイザーに相談しながら作ると良いですね!

履歴書と職務経歴書の記入内容は一般的なものです。

中間カウンセリングの内容

プログラマカレッジの面談は一般的なキャリアカウンセリングを想像してもらえればOKです。

大学や就活エージェントの様に、
履歴書や職務経歴書に沿ってこれまでのあなたについて聞かれます。

なので、特にプログラミングに特化した質問がされるわけではないので未経験でも不安にならなくて大丈夫です。

では、雰囲気や実際に聞かれた質問を紹介しますね。

雰囲気は?

めちゃめちゃ和やかでした!

とても親身に僕の話を聞いてくれました。

僕は新卒を3ヵ月で辞めた短期離職者なのですが、
マイナスに聞こえない離職理由を一緒に考えてくれたり、IT業界に入ることを第一にしようとアドバイスをしてくれました。

また、カリキュラムの進度についても進捗度を褒めてくれました。

正直キャリアアドバイザーって胡散臭い感じしますよね。

変に高圧的で人格否定したり、求職者の希望と違う求人を押し付けたりと。

でも、プログラマカレッジはそんなことなく全く気分を害することなくできました。

とはいえ、人間なので相性はあります。
今回の体験はあくまで僕の感想です。

どんなこと聞かれるの?

聞かれたことは主にこちら

  • 前職について(業務内容、退職理由等)
  • 中学高校大学の過ごし方について(成績、部活、課外活動等)
  • 4eachの進度確認
  • 今後の進め方をすり合わせる

面談時間は30分ぐらいでした。

最初は履歴書に沿って自分について聞かれます。

前職については結構聞かれます。

業務内容と退職理由は簡単にでも整理しておくと良いです。

また、大学についてはやはり偏差値が高いほど有利になるそうです。

「明治以上なら~~」とちょっとぼかして言っていました。

次に、4eachの進捗度の確認やこれからの転職の方向性を決めます。

ここはさらっと
「こういう感じにしていきましょうか」という感じでした。

後で分かったことですが、アドバイザーとはスクール終盤の方がやり取りを多くします。

資格勉強に移行し就活が見えてきたら、連絡は講師からアドバイザーに切り替わります。

その時に、具体的に就活について話すみたいです。

なので、中間カウンセリングは現状の確認+方向性の決定と捉えてくれれば大丈夫です。

中間カウンセリング後の流れ

結論、人によります

個人で進捗度や目指すところや履歴書などの情報は様々です。

なので転職までのやり方が異なるのは当然なのです。

では、参考までに僕の場合を紹介します。

こんな感じです。

  • Java JSP・Servletまで終わらす
  • Java silverの資格を取る
  • 転職スタート(面接と残りの4eachを同時並行で進める)
  • プログラマカレッジ卒業

早くエンジニア就職したいことを伝えていたため、学習と就活を一緒に進めることになりました。

この様に、受講者の希望も聞いてくれるので嬉しいですね。

エンジニアに資格は必要ないという意見もあります。
しかし、履歴書に書けることとプログラミングへの意欲の表れから未経験の人は取得することを推奨されます。

まとめ:普通の面談です。リラックスしていきましょう。

今回はプログラマカレッジの中間カウンセリングについてまとめました。

結論、特に変わったところはなく一般的なキャリアカウンセリングでした。

アドバイザーの方も親身に話を聞いてくれるのでとても話しやすかったです。

では、また!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる