プログラマカレッジは働きながら夜間3日コースがベストな3つの理由

悩んでいる人

・プログラマカレッジが気になる。
 仕事を辞めてからがっつり勉強した方がいいのかな?
・働きながら通えるかな?

この様な疑問にお答えします。

本記事の内容

・今の収入を確保しながら安全に転職できる
・就職しなくてもOK、でもITスキルは身につく
・就業中を前提としているので、本業があることの不安が取り除かれている

結論、在職中であれば働きながら夜間3日コースに通うのが低リスクに自分のペースで勉強できるのでオススメです。

僕もコースを決める際に迷いました。

とにかく早くエンジニア就職したかったので平日コースと思ったのですが、夜間3日コースにして良かったです。

今回はその理由を深堀します。

この記事を読むと、プログラマカレッジは働きながら夜間3日コースがオススメな理由が分かります。

では、本文へどうぞ!

※プログラマカレッジについてもっと知りたいという方はこちらの記事をご参照ください。
>>【受講者の感想】プログラマカレッジの評判は?魅力を3つ紹介

目次

プログラマカレッジは働きながら夜間3日がオススメなつの理由

➀:今の収入を確保しながら安全に転職できる

夜間コースならば、仕事を辞めず給料を貰いながら勉強できます。

いくらプログラマカレッジが完全無料でも、それ以外のあなたの生活費はかかります。

仕事を辞めれば当然収入は0になりますので貯金は減っていく一方です。

例えば、月収が20万でスクールの在籍期間を4ヶ月とします。

【仕事を辞めて平日5日】
収入0どころか支出が出るばかり。会社の社会保険も外れて、履歴書も空白期間が…

【働きながら夜間3日】
金銭的な苦労は全く変わらない。ただ、本業後に学習する時間が増えただけ

重要なことは、平日にしろ夜間にしろIT転職というゴールは同じだということです。

仕事を辞めると本来貰うはずだった80万を失うだけでなく生活がしんどくなります。

働きながらだと、これまだの生活に学習時間が増えるだけなので、金銭的な負担は0です。

どっちが金銭的、精神的に楽かは明白ですよね?

するとここで、

「そんなの爆速で卒業して就職すればいいじゃん!」という反論が来そうです。

しかし、それは良くないです。

理由はこちら。

  • そもそもプログラミングが向いているとは限らない
  • 内定は僕たちが決めることではない

上記の様に張り切っても、プログラミングが向いていなくて挫折するかもしれませんし、内定も会社側が決めることです。

就活が上手くいかなければ離職期間は長引きます。(その間当然無収入)

結局、お金が無くなってアルバイトをすることになるのが関の山です。

だったら、最初から仕事を辞めず会社の給料と福利厚生を受けながら転職をした方が良いのです。

➁:就職しなくてもOK、でもITスキルは身につく

「これからの時代IT業界だ!」
「ITスキルという手に職をつけて人生逆転!」 

と意気込んでプログラマカレッジに入校してもプログラミングがあなたに合っているとは限りません。

スクールの最大のデメリットはプログラミングが向いていない場合にどうするか考えておくことです。

もし、なんか思っていたのと違うと感じ、スクールを辞めたとします。

会社も辞めてしまっていたら本当に何もなくなってしまいます。

これってかなりリスクがありますよね?

でも働きながらスクールに通えば、スクールを辞めたとしても元の会社員生活に戻るだけです。

完全にノーリスクです。

プログラマカレッジだったら途中で辞めても違約金は0です。

逃げ道はきちんと残しておきましょう。

逃げても無駄ではありません。

序盤だとWeb系の言語(HTML,CSS,JavaScript)はやるのでWebのことが少しわかるサラリーマンになれます。

こんな感じに予備知識が付きます。

もしまたプログラミングをやってみようかな?と思った時に、これが活きてきます。

Progateもしくはドットインストールで事前に学習しておくとプログラミングのイメージが付きますし、スクールの課題も進めやすくなります。

➂:就業中を前提としているので、本業があることの不安が取り除かれている

働きながらスクールに通うとなると不安なこともありますよね。

「カリキュラム通りに進まなかったらどうしよう…」
「残業が多くて遅刻ばかりになってしまいそう…」

僕も同じように不安に感じていました。

でも、大丈夫。

そもそも夜間コースは就業中であることを前提としているのでその辺りは考慮されています。

学習期間は平日コースより長く(2~6ヶ月)設定されているし、開始時間に間に合わなくても特に問題はないです。

・遅刻はOKですが、事前に連絡はしましょう。
・進捗度の連絡は絶対です。
・あまりに学習の進みが遅いと企業に推薦しづらくなるという記載がありました。

プログラマカレッジは無料カウンセリングも行っているので不安なことがあれば何でも聞いてみてください。

まとめ:在職中であれば仕事を辞める必要性はない

結論、在職中であれば仕事を辞めてまで平日コースに通う必要性はありません。

働きながらの夜間コースにすれば金銭的にも精神的にも負担をかけずにエンジニアになれます。

この理由としては、

  • 収入を確保しながら勉強できる
  • 途中で辞めてもOK、でもITスキルは身につく
  • 就業中が前提なので心配ない

が挙げられました。

プログラマカレッジの夜間コースで安全かつ確実にエンジニアになりましょう!

また、プログラマカレッジは無料体験相談を行っています。

興味が合ったり聞きたいことがある方はこちらのボタンから無料登録ができます。

ぜひ、気軽に聞いてみてください!

では、また!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる