プログラミングスクールにはいつから通うべきか?【4つのポイント】

悩んでいる人

・プログラミンスクールにはどのタイミングで行けばいいんだろう?
・選ぶべき評価のポイントも知りたいな!

この様な悩みを解決します。

本記事の内容

・勉強に行き詰ったら通うべき
・スクールを選ぶときの4つのポイント
・僕のスクール選び(参考)

こんにちは、なお(@nao0605vn)です。

プログラミングを独学で勉強しているけどスクール選びを検討している方もいると思います。

そんな方は、

どのタイミングで通えばいいの?
どういう所に気を付ければいいのかな?

と不安に感じると思います。

そこで、実際にスクールに通った僕が解説をします。

この記事を読めば、プログラミングスクールに通うべきタイミングと選ぶ基準が分かります。

では、本文へどうぞ!

目次

結論、勉強に行き詰ったら通うべき

プログラミングスクールに通い始めるタイミングは、勉強に行き詰ったらが良いです。

僕がこの様に考える理由は2つ。

  1. 独学でもやっていくことは可能
  2. プログラミングは難しい。手が止まりすぎるのは時間の無駄

1つずつ見ていきます。

独学でもやっていくことは可能

プログラミングは独学でも稼ぐことは可能です。

実際、独学でプログラミングを勉強して月5万円を稼いだり、フリーランスになる人もいます。

プログラミングが流行ったおかげでネット上に学習ロードマップの記事が沢山あるので覗いてみましょう。

それらを参考に自分で勉強して、クラウドワークス等で案件を取っていければ良いです。


因みに、オススメはこちらのロードマップです。

こちらはHikoProさんの記事です。
かなり具体的に細かくロードマップが記載されており、様々なITツールも合わせて学習できます。


なので、基本的に自分で理解できている間はスクールは必要ないです。

そのままガンガン進めて、就職するかフリーで働きましょう。

プログラミングは難しい。手が止まりすぎるのは時間の無駄

とはいえ、プログラミングは難しい。

分からなかったりエラーが起きた時に先ずは自分で考えてみるのは当たり前です。

でも、1時間も1日も考えた挙句わからない。結局コードの記述ミスが原因ということも普通にあります。

…その時間もったいなくない?

自分で頑張ってみてダメだったら人に聞く。それでいいじゃないですか。

そのためにあるのがプログラミングスクールであり講師の方々です。

なので、勉強に行き詰ったらスクールを検討するのがオススメです。

なお

勉強後のビジョンが見えなかったり、是が非でもIT転職したい方にもスクールはオススメです。転職サポートをしてくれます!

因みに、僕が行き詰ったポイントは模写です。

Progateまでは特に問題なくできていたのですが、模写になり手が止まってしまいました。

HTMLの外観はイメージできるのですが、CSSが何をどうしたら良いのかわからなかったのです。

スクールを選ぶときの4つのポイント

僕がプログラミングスクールを選ぶときに重要だと感じた点を紹介します。

  1. スクール費用は払えるか?
  2. 学習環境はオフライン?オンライン?IT留学?
  3. やりたい言語に力を入れているか?
  4. 就職サポートは充実しているか?

1つずつ見ていきます。

ポイント➀:スクール費用は払えるか?

一般的に、プログラミングスクールの費用は安くないと思います。

相場的には1ヵ月で10万~30万です。

3ヵ月通うとしてもかなりの額がかかります。

さらに、仕事が忙しくて学習の進みが遅いと追加費用も…

なお

出来れば安くて良質なスクールにしたいよね!

参考として、有名どころをまとめました。

TECH::CAMP(オンライン&教室)

TECH::CAMPの場合がこちら

【短期集中スタイル】
・オンラインプラン  分割月々19,600円(税込)~
           一括料金657,800円(税込)

・通学プラン     分割月々22,900円(税込)~
           一括料金767,800円(税込み)

【夜間・休日スタイル】
・オンラインプラン  分割月々43,800円(税込)~
           一括料金877,800円(税込)

・通学プラン     分割月々49,300円(税込)~
           一括料金987,800円(税込み)

TECH::CAMPは無料カウンセリングを行っています。

料金等気になることがあれば気軽に聞いてみましょう。

TechAcademy(オンライン)

TechAcademyの場合がこちら

【はじめてのプログラミングスクール】
・4週間プラン    174,900(税込)
・8週間プラン    229,900(税込)
・12週間プラン    284,900(税込)
・16週間プラン    339,900(税込)

TechAcademyは無料キャリアカウンセリングを行っています。

料金等気になることがあれば、気軽に聞いてみましょう。

プログラマカレッジ(無料)

ProgrammerCollege の場合はこちら

【平日、夜間】
完全無料

プログラマカレッジは無料体験面談を行っています。

気になることがあれば気軽に聞いてみましょう。


この様に完全無料から100万まで幅が広いです。

勿論、高いから質がいいとか安いから質が悪いとかそういう話ではないと思います。

IT転職を目指している、副業で稼げるようになりたいという方は今の生活があるはずです。

大事なのは、お財布と相談してどこまでならお金を出せるかです。

ポイント➁:学習環境はオフライン?オンライン?IT留学?

プログラミングスクールの学習環境はオフライン、オンライン、IT留学が主です。

先ずは、身近にできるオフラインかオンラインで考えましょう。

大学生や職から離れている等でまとまった時間が確保できるならIT留学もありです。

では、ぞれぞれのメリット・デメリットを見ていきます。

オフライン

オフラインはスクールに行き、教室のPCか自前のPCを持ち込んで学習する場合が多いです。

教室が遠いと移動が大変ですが、手取り足取り教えてもらいたい方にはオススメです。

メリット

・対面で受けられる
・言語そのものだけでなくPC設定も質問しやすい

デメリット

・交通費、移動時間などの+αが発生する
・スクールのPCを使用すると自習がやりづらい
・受講費が高い場合がある

オンライン

オンラインは自宅で学習します。オンライン用の教材を基に学習を進め、わからないところはzoomやChatworkなどで質問できたりします。

家でやるのでリラックスはできますが、緩み過ぎない様に計画的に学習できる方にオススメです。

メリット

・時間、場所を問わず学習できる
・いつでも質問を送れる
・本業が忙しくても自分のペースで学習できる

デメリット

・若干放任主義(スクールによる)
・自分で進める意志の強さが必要

IT留学

IT留学はプログラミングを勉強するために海外留学します。

最近だと、東南アジアやインドやアメリカが主流です。

留学なのでまとまった時間が確保できる方にオススメです。

メリット

・集中的に学習できる
・英語も一緒に勉強できる
・IT先進国の技術に触れられる

デメリット

・長期的な時間が必要
・生活環境も考慮しなければならない
・費用はかかる

ポイント➂:やりたい言語に力を入れているか?

プログラミングといっても言語によってできることが違うので働き方も変わってきます。


フリーランスや完全在宅で働きたいなら、Web系のPHPやJavaScriptがオススメです。
とりあえず就職したいなら、求人数が多いJavaを勉強するのがオススメです。

この様に、目的と手段がズレないように注意しましょう。

TechAcademyは言語別にコースを選ぶことが出来、ProgrammerCollegeはJavaが中心です。

ポイント➃:就職サポートは充実しているか?

IT転職が目的なら絶対に就職サポートが充実しているところにするべきです。

スクールによっては、勉強は教えても就活は自分でやってねという所もあります。

ただでさえ、面接は不安なのに未経験だとなおさらです。

よく聞かれる質問やポートフォリオの作り方などきちんと対策をしたいですよね。

スクールのサポート情報をよく見て、ここなら任せられる所を選びましょう。

なお

特に、スクールの就職率とサポート期間はよく見ておくべきです。

参考:僕のスクール選びの場合

これらの4つのポイントを軸に僕がどのようにスクールを決めたのかを解説します。

結論、スクールはProgrammerCollege に決めました。

その過程がこちら

ポイント➀:スクール費用は払えるか?
「正直30万も払えない。先ずは、無料から探そう」

ポイント➁:学習環境はオフライン?オンライン?IT留学?
「自宅でリラックスして勉強したいな。自習もしたいしオンラインかな」

ポイント➂:やりたい言語に力を入れているか?
「ProgateでWeb系の言語をやってみたけど自分デザインセンスなさすぎ、優先目標はIT転職!ならばJavaだ。」

ポイント➃:就職サポートは充実しているか?
「確実にIT転職をしたい。高い就職率のところが良い」

こんな感じで選んでいました。

そこで選ばれたのがProgrammerCollege でした。

プログラマカレッジは完全無料、オンライン、Javaを学べる、就職率96.2%と僕の要望を満たしてくれるスクールでした。

正直、違約金なしの完全無料なので「ここが合っていなくてもまた別の所にすれば良いかな?」と思っていました。

無料はやり直しが柔軟にできるのです。

僕は現状プログラマカレッジに満足しているのでこのままお世話になります。

※プログラマカレッジについて知りたい方はこちらの記事をどうぞ
>>【受講者の感想】プログラマカレッジの評判は?魅力を3つ紹介

まとめ:自分で重点を決め満足するスクールを選ぼう

今回はプログラミングスクールに通うタイミングと選ぶ基準について解説しました。

この4つのポイントはあくまで僕の主観なので、
ぜひご自身で「ここは譲れないな~」という重点を決めるようにしましょう。

では、また!

なお

僕の4つのポイントも参考にしてもらえたら嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる