プログラミング初心者がProgate後にやること【理解を深める】

こんにちは、なおです。

「Progateやドットインストールが終わったけど次は何をやればいいんだろう、、、」
「ググったらBootstrapとかデベロッパーツールというやつが出てきた。まだHTMLも理解していないのに、、、」

僕はProgateで自分がプログラミングに抵抗がないことを確かめた後は書籍で知識を深めました。
使用した本がこちらです!

目次

Progate後に書籍勉強を始めた理由

Progateは素晴らしい教材です。
Progateをやっている最中は、レベル別に進めていけば何も問題なしです。

でも、その次は、、、?
途端に「?」になってしまいます。

実際、僕もHTML&CSSを一通り進めた後、困ってしまいました。

一般的にあげられる次のステップはこんな感じです。

・次の言語を勉強する
・もう少しHTML&CSSを勉強する
・模写コーディング
・自分で何か作ってみる
・スクールに行く

僕はもうちょいHTML&CSSの理解を深めることにしました。

理由は、自分の中でProgateの言うとおりにコードを写していただけで理解が全然できていないという自覚があったからです。

Progateをやっている時は「へ~、〇〇を書くと△△と表示されるのか~~。よくわかんないけどサクサク進むしいっかな?」的な感じです。

でも、それは道場コースでボロボロになります。

これは模写をやるのですが、初手から何もできませんでした。(笑)

「結局divって何?どう使うの?」
「画面のheader main footeの境界線どこだよ!」

もうこんなレベルです。

なので、今度はじっくり落ち着いて勉強しようと思いました。

何事も基礎の基礎が一番大事です。

ただ、Progate後のことは個人によってやるべきことが違ってくると思います。

比較的時間のある学生なら自分ペースでじっくりやっていくのもありだし、素早く転職したい社会人ならもうスクールに行くのもありだと思います。

「1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座」を買うべき理由

➀:本格的でおしゃれなWebサイト(カフェ)が練習できる

Progateでスライド通りにコードを書けばWebサイトがつくれます。

でも、なんかイメージと違うと思いましたか?

僕は思いました(笑)

確かにサイトは作れましたが、個人的にはもっと写真があったりかっこいい機能とかができると思ってました。

でも、この本で作れるサイトはめちゃくちゃおしゃれです!

僕がおしゃれと感じた点がこちらです。

・写真がふんだんに使ってある
・メニューページの写真配置も自由自在
・2カラムでつくるので実務的
・SNSとの連携方法が分かる

実在するかのようなデザインのカフェサイトができます。

なので、Progatからのステップアップとしてちょうどいいと思います。

➁:内容がやさしいので挫折しにくい

技術書って難しそうなイメージありますよね。
(文字やコードがびっしり詰め込まれてたり、堅苦しい言葉使いだったり)

この本の著者(Webクリエイターボックス Mana)の文が読みやすいです。

説明部分とコード部分も見やすく分かれますし、言葉も読み手がプログラミング初心者であるという前提の下で優しく書かれています。

やはり、見やすさのプロは読みやすさにも精通しているのですね!

➂:辞書的に使えるのでコードを調べる時も便利

よく使うタグ、色のコード、FlexBoxの配置

パソコンでググってもOKなのですが、書籍の方が使いやすいという方は買っておいた方が良いです。

困った時のために手元に置いておきたい1冊です。

ちょっと物足りない点

ファビコンの一覧が欲しかった

プロフィール作成などで重宝します。

あのファビコンのコードなんだっけ?という時に載っていればいいなと思いました。

とはいえググればいいので問題なしです。

ちょっと高い

やはり技術書なのでちょっとお値段高めです。
税引き2260円です。

でもお値段以上のクオリティですし、プログラミングで稼げるようになれば余裕で取り返せます。

こういうものは早めに自己投資しておきましょう。

まとめ

以上、「1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座」のメリットデメリットについてまとめました。

Progateが終わってなんとなく分かった気になっていませんか?

試しに、Progateの道場編や模写をしてください。
きっと自分が思うようにできないと思います。(僕はそうでした。)

そこで、「自分プログラミングの才能ないんだ、向いてないんだ、、、」
とあきらめてはいけません。

一度、自分ができるところまで戻ってみましょう。

そこから少しづつスキルをつけていけば良いのです。

そんな手助けをしてくれる良書です。

以上!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる