当ブログ使用テーマ「SWELL」を見てみる

20代フリーターは今すぐ行動しないと後悔する[30歳じゃ手遅れ]

悩んでいる人

20代フリーターです。このままズルズルと30代になったら後悔するとは
聞くけど具体的に何をしたら良いのかな?

こんな疑問を解決します。

本記事の内容

・少しでも正社員になりたいなら行動すべき[30歳じゃ遅い]
・20代フリーターが今すぐやるべき3つの行動

僕は新卒で入ったブラック企業を3ヶ月で辞めて大卒フリーターをしていました。

パワハラ・暴力・平気で嘘をついていた人事への不信で病んでしまい、再就職が出来ずにフリーターとして生きてきました。

でも、このままじゃダメだと気づき勇気を出して就活したおかげで正社員に戻り念願の在宅勤務をしています。

あのままフリーターでいたら収入は低く日々を生きるだけで精一杯の平凡以下の生活を続けることになっていたでしょう。

今回は僕の体験を元に、フリーターならすぐに就活しないと後悔する理由と今すぐやるべきことを解説します。

目次

少しでも正社員になりたいなら行動すべき[30歳じゃ遅い]

あなたは何のためにフリーターをしていますか?

もし、夢を叶える間の生活費確保や勤務時間の調整が必要な環境にいる等
目的があってフリーターをやっているなら本記事を読む必要はありません。

なんとなく今が楽ならいいや〜、と惰性でズルズルフリーターを続けている方にぜひ読んでほしいです。

そういう方は決まって以下の様になります。

20代前半:フリーターって案外悪くないな。仕事は楽だし残業ないし、正社員と給料も変わんないじゃん!
会社や上司に媚びへつらうなんて今どきじゃないよ(笑)

20代後半:ん?なんか同級生が結婚したり、車買ったり生活に華があるような…自分はここ数年手取りも上がらない..このままで良いのかな?家族の目線も冷たいしこれから1人で生きていけるか不安だ…

30代直前:さすがにそろそろ正社員になるか〜!あれ?書類が通らないぞ。面接まで行けても経歴をバカにされてる 気がする。就職サイトに登録しても紹介できる求人が無いと言われた。やばい。正社員になれない。一生フリーターか…

  • 30代の市場価値は低い

よくいるのが、「もうすぐ30だし、そろそろ就職するか〜」という人

正直いうと30歳じゃ手遅れで、しかも年々拍車がかかっています。

例えば、当ブログでも紹介しているプログラマカレッジは
無職・ニート・フリーターからでもエンジニアになれる優良スクールです。

以前のプログラマカレッジの受講条件は30歳まで可でした。

でも今は27歳以下です。なぜでしょう?

年齢制限が短くなったのは30代間近にもなってノースキルの人は社会の市場価値が低いからです。

そのような人を受講させても就職させるのは難しいので受け入れ拒否になっても仕方ないのです。
(スクールも利益追求して当然です)

いくらIT業界が売り手市場で求人倍率が8倍もあろうと年齢を重ねれば就職は難しくなります。

逆に言うと20代というだけで無職やニートでも内定がゲットできます。
年齢が若ければ、「人柄に問題ないし、社内で育てていけば良い」と思えるのです

  • どうせ就職を意識するんだから早いほうが良い

遅かれ早かれ「このままフリーターじゃダメだ、就職しないと」と気づきます。

だったら早いほうが良いです。

せっかく就職を意識したのに、今が楽だからとフリーターを続けているとどんどん悪い方向に進んでいきます。

次は20代ならまだ間に合う就職へのアクションを記していきます。

20代フリーターが今すぐやるべき3つの行動

今すぐ行動すべきなのはわかったけど、じゃあ何をしたらいいの?」という方へ、具体的な行動を以下に示します。

・自己分析
既卒第二新卒向けの就職サービスに登録する
・自分の市場価値を高めるスキルを身につける

1つずつ解説します

これまでの自分となりたい自分を分析する

俗に言う、自己分析です。

まずは現時点までの自分の経歴や考えをまとめてください。

・卒業後すぐに就職しなかった理由は?
・なぜ今就職をしようと思ったか?
・これまでに努力した経験は?
・前職を辞めた理由は?

次にこれからどうなりたいかを考えてください。

例えば、僕はフリーターから就職を意識した時は以下の様に考えました。

・在宅で引きこもって働きたい
・自分のスキルを身に着けたい
・将来的にはフリーランスも目指せる業界がいい
・衰退産業ではなく成長産業で働きたい

こうすることで自身が進むべき仕事・業界が絞り込めます。

後は理想像から逆算すればOKです。

僕の場合は、上記の理由からITエンジニアを目指しました。

「引きこもってスキルが残ってフリーランス…ITエンジニアだ!」

「エンジニアになるにはスクールに通うのが効率的だな」

「といってもフリーターだからお金ないし…
無料で通えるプログラマカレッジしかないな!就職成功率も96.2%だしここにしよう!」

という感じですね。

自分のことがわかればやるべきことも見えてきます。

既卒・第二新卒向けの就職サービスに登録する

就活しようと思い立ったら既卒・第二新卒向けの就職サービスに登録しましょう。

ニートやフリーターなどの方を専門的にサポートするサービスはたくさんあります。

フリーターの方は絶対に一人で就職活動してはいけません。

もしあなたが初めて企業の面接を受けるならなおさらです。

上記のサービスは無料で使えるものなのでたくさん頼りましょう。

キャリアアドバイザーはプロなので職歴が不利な方のサポート経験も豊富です。

職務経歴書の書き方から好印象な面接の受け答えなどあなたが内定を得るために全力でサポートしてくれます。

スキルを身につける[プログラミングがおすすめ]

20代の間に何かしら自分の武器を身に着けましょう。

営業・英語・マーケティング・ライティングなどがありますが、おすすめはプログラミングです。

理由はこちら

・IT業界の市場規模が年々増加している
・未経験OK職歴不問の会社が多い
・求人倍率は5~8倍と業界トップ
・スクールに通えばスキルを学べて就職先も斡旋してもらえる

「プログラミングは大嫌い、コードを見るだけで吐き気がする!」と嫌悪感を抱く人は厳しいですが、
特に抵抗がないなら一度はチャレンジする価値はあります。

成長産業で人材不足が起こっているからこそ、未経験やニート・フリーターでもIT企業に入りやすくなっています。

とはいえ、どうやって勉強したらいいのか分からない方はスクールに入りましょう。

おすすめはプログラマカレッジです。

ここは受講料無料で金銭的リスクがないのに、就職成功率は96.2%。

職歴に不安がある人がエンジニアになるなら間違いなく選ぶべきスクールです!

実は僕も大卒フリーターからプログラマカレッジを利用してエンジニアになりました。
自信をもっておすすめできますよ。

詳細はこちらの記事をどうぞ。

まとめ:色々考えるよりまず動く。じゃないと始まらない

今回は20代フリーターは今すぐ行動しないと後悔する、というテーマで執筆しました。

本記事の要点をまとめるとこちら。

・ノースキル30代の市場価値は低い
・20代というだけで無職やニートでも内定が貰える
・どうせ就職を意識するんだから早いほうが良い

数年後に後悔しないためにも本記事を読んだ直後から行動しましょう。

やることは自己分析就職サービス(転職エージェントorプログラミングスクール)の登録です。

無料相談を行っているサービスも多いので気軽に相談してみましょう。
親身になって聞いてくれますよ。

個人的にはスクールに通ってエンジニアになるのがおすすめです。

成長産業ですし、他の業界より求人倍率が2倍以上あります。

未経験OK職歴不問の会社も結構あるので調べてみると良いですよ。

※フリーターからエンジニアになるのはプログラマカレッジを利用するのがおすすめです。

詳細は以下の記事をどうぞ。
卒業生の視点から具合的にイメージできるように書いています。

では、また!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる