当ブログ使用テーマ「SWELL」を見てみる

Java Silverはコスパが良いから取っておけ[無料受験の方法あり]

悩んでいる人

これからエンジニアに転職したいけど取っておくべき資格はあるかな?
Java Silverをおすすめされたけどどうなんだろう?

こんな疑問を解決します。

本記事の内容

・Java Silverとは
・Java Silverをおすすめする3つの理由
・Java Silverを無料で受験する方法

エンジニアになる人は勉強意欲も高く、何か資格を取りたいな〜と思うことがあります。

そんな人にはJava Silverの取得がおすすめ。

理由はずばりコスパが良いからです!

プログラミング初心者でもきちんと勉強すれば取得できる難易度でありながら、面接ではしっかり評価されます。

僕はITパスポートや多言語の資格よりJava Silverを取るほうが良いと考えます。

本記事ではJava Silverを勧める理由や合格確率を上げる勉強法をご紹介します。

なお

記事の最後に無料でJava Silverを受験する方法もご紹介します!

では、よろしくお願いいたします。

  • 信頼性として以下が僕のJava Silver合格証です
目次

Java Silverとは

Java Silverという資格を初めて知る方もいると思うので簡単に概要を説明します。

概要

料金:32340(税込)
出題数:80問
出題形式:選択問題
試験時間:180分
合格ライン:63%
受験場所:各テストセンター(CBT方式)
難易度:中級

Java Silverはオラクル社公認のでavaのスキルレベルを認定するベンダー資格です。

Java未経験でも十分合格が狙える資格であり、知識0の状態でも1~2ヶ月あれば合格出来ます。

なお

僕は2ヶ月で合格できました!

80問出題され、全て選択問題になっています。

プログラミングの試験ですが「コードを書け」という問題は無いです。

とはいえ書けるレベルの理解力は必要で、問題文のコードを読んでどう動くのかを判断できないと正答できません。

なお

選択なので分からなかったら勘でもOKなのはありがたい!

試験時間はたっぷりあるので心配はいらないです。
見直し含めて100分あれば足ります。

合格ラインは63%でそこまで高いわけではないですね。
52問ぐらいできれば良い。20問強は落としても大丈夫と考えると気が楽ですよ。

受験は自分で好きなテストセンターと時間を予約して受けに行きます。
手続きがちょっと面倒ですが、公式サイトの手順に従って申し込みましょう。

レベルとしては他にもBronze(初級)とGold(上級)がありますが、Silverが良いです。
Bronzeだと簡単すぎて評価されないし、未経験者がいきなりGoldは厳しいです。

頑張れば合格できて、しっかりアピールできるSilverを受けましょう!

Java Silverをおすすめする3つの理由

Java Silverをおすすめする理由はこちら

・求人数が多い上、汎用性が高い
・転職の面接やSESの面談で評価される
・資格手当の対象になることが多い

1つずつ解説します。

Javaは求人が多い上、汎用性が高い

Javaは最も求人数の多いプログラミング言語です。

1位Java
2位PHP
3位JavaScript
4位Python
5位Ruby
2022年1月:dodaより

求人数が多いということはその分就職がしやすいことを意味します。

未経験からエンジニア転職を目指すなら少しでも就職しやすい言語を選ぶことも重要ですね。

また、Javaは汎用性が高いです。

コードの書き方やオブジェクト指向といったプログラミング的思考は他の言語を勉強するときにも役立ちます。

特に、文法はC#と似ているし、RubyやPythonにもオブジェクト指向は出てきます。

エンジニアは現場によって新しいスキルを取り入れ仕事をします。

Javaでプログラミングの根本を学んでおけば、他の言語を使うことになってもとっつきやすくスムーズに定着できますよ。

なお

就職のためにJavaを学んだけど入社先では
違うことやる場合でも無駄にはなりません!

転職の面接やSESの面談で評価される

未経験から転職する場合、実務経験は当然ありませんから資格の保持がアピールになります。

経験がなくてもJava Silver相当の知識があるんだな、と評価してもらえます。

加えて、エンジニアになりたい熱意もアピールすることが出来ますよ。

面接官からしたら「エンジニアになりたいと言ってるけど本当かな?」と疑いますが、
資格をとって少しでも準備をしてきた人には好印象を抱きますよね。

また、Java SilverはSESの面談時にも役立ちます。

SESでは配属先を決める時に派遣先と面談をすることがありますが、
資格があると営業から案件を紹介されやすいし、企業受けも良くなります。

理由は転職時の面接と同様ですね。

特に、Javaは汎用性が高いので他の言語にも応用が効きます。

例えば、僕は現在Salesforceエンジニアとして働いています。

保守運用がメインですが、先日、営業からJava Silverを持っているからとSalesforceの開発系の案件を紹介されました。

それはSalesforceの開発言語であるApexがJavaと似ているからなんですね。

この様にJava Silverを持っていると開発系にも仕事の幅が広がりますよ!

資格手当の対象になる可能性がある

入社する会社の福利厚生によりますが、資格手当がつくことがあります。

Javaの案件を扱っているなら可能性は高いですね。

金額は5,000円〜10,000円が相場です。

自分のスキルアップとして勉強したことがお金で還元されるのは嬉しいですよね!

給料で10,000円上げるのはかなり大変ですが、資格手当なら2ヶ月ほどの勉強で可能です。

貰えるものは貰っちゃいましょう(笑)

Java Silver勉強法

続いて、Java Silver合格のために必要な勉強方法を紹介します。

僕が利用したのは以下2冊の書籍です。

僕はスクールに通って勉強してましたが、通っていない人でもこの2冊でOK。

では、書籍の使い方を紹介します。

スッキリわかるJava入門の使い方

この本は実際のゲーム開発をモデルに解説しているのでかなりわかりやすいです!!

とっつきにくい抽象化や継承等もゲームキャラクターの進化を用いているのでイメージしやすいです。

勉強ですが最低2周、できれば3周以上読み込んでください。

1周目はサラッと読んで「こんな事やるのね〜」ぐらいの気持ちで軽くJavaに触れていきましょう。

最初の基本文法まで理解できていれば十分です。

2周目以降で理解しながら深く勉強していきます。

恐らく、オブジェクト指向やカプセル化の所でつまづくと思います。

勉強しててわからなかったら実際に手を動かしてみましょう。

開発環境を構築する必要はありません。

dokojavaという、コードを書いて簡単にコンパイルして結果が見られるサービスがありますよ。

なお

dokojavaの使い方もこの本に書かれているので
最初に使い方を把握しておくと良いよ!

徹底攻略Java SE11 Silver問題集の使い方

Java Silverの合格を目指すならこの問題集は不可欠です。(通称黒本と呼ばれます)

なぜなら実際の試験問題と同じ問題が出題されるから!!

どんな繋がりがあるかはわかりませんが、これでもか!ってぐらい同じ問題が出ます(笑)

特に最終章の模擬試験からの出題頻度が高いので要チェック。

黒本の9割ほど理解できていれば合格は堅いです。

なお

同じ問題が出るのでどうしても理解できないことは
答えを暗記しちゃいましょう!

こちらも3周はしておくと良いです。

正直1周目は全く歯が立たないと思います。

僕も初見は正答率2割で絶望しました(笑)

黒本は解説が丁寧かつ同じ問題が出題されるという特徴があるので、
演習を重ねながら徐々にブラッシュアップしていくやり方が合っています。

理解度9割まで高められたら試験を受けに行きましょう!!

Java Silverを無料で受験する方法

IT業界は資格所得を推奨してきますが、IT資格って受験料が高いんですよね…

普通に2~3万します。

なお

落ちたことを考えると痛い出費…

本記事をここまで読んでくれた方へ特別にJava Silverを無料で受験する方法を2つ紹介します。

こちらです。

①オラクルの再受験無料キャンペーン中に受験する
②スクールに通う

1つ目はJava Silverを主催しているオラクル社がやる再受験無料キャンペーンです。

これは1回目不合格になった方の再受験が無料になるキャンペーンです。

誰でも利用できてお得なのですが、頻繁にはやっていません。

僕もググってみましたが、最新で2021年の7月で止まっています。

1回目は受験料を払うし、キャンペーンが自身の転職タイミングと合わないこともあるのでちょっと柔軟性に欠けますね。

2つ目はスクールの活用です。

自分のペースで受験して転職活動をしたい方はスクールがピッタリです!

おすすめはプログラミングです。

プログラマカレッジは違約金なしの完全無料かつ転職成功率96.2%のスクールです。

転職活動前に資格取得をカリキュラムに入れており、Java Silverを取るように指示されます。

受験料は先払いで払いますが、合格して転職成功したら全額キャッシュバックされます!

プログラマカレッジはエンジニアの人材会社が母体なので転職できない不安もほぼ無いですよ。

なお

僕はプログラマカレッジ卒業生ですが1円も払うことなく転職しました!

※プログラマカレッジの詳細を知りたい方はこちらの記事をご覧ください

まとめ:Java Silverは合格しやすく評価される

今回はJava Silverを取得するメリットや勉強法をご紹介しました。

Java Silverはプログラミング未経験者でも十分合格できるレベルでありながら、しっかり評価されます。

受験料が高いのでネックですが、無料キャンペーンやスクールを活用することで無料で受験できますよ。

未経験からエンジニアを目指すならプログラマカレッジに通い、資格を取りながら就職を目指すのがベストです。

Java Silverは勉強がしやすく問題集と同じ問題が出るという特徴がありながら、きちんと評価されるコスパの良い資格です。

IT資格で迷っているならJava Silverを取っておくことをおすすめします。

では、また!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる